Skip to content

渋谷が再開発されたら歯医者を探そう

東京の文化の中心は時代が下るごとに西へ移動しているといいます。

初めは日本橋、そして銀座、今は渋谷・原宿です。渋谷は1970年代から若者の街として発展し続けていますが、その進化は衰える兆しを見せません。というのも、2020年以降に向けて現在、着々と大規模な駅前開発が進んでいるからです。これは若者がセンター街に集うことで形成した文化や流行とは違って、商業がリードして起こる変化ではあります。そのため、駅前開発が文化の求心力を高めるというこにイコールにはならないでしょう。

ただ、間違いないのはオフィスも増えるでしょうし、ビルのテナントも増えるということです。大概、新しい駅ビルには商業施設のほか、レストラン街や歯医者、眼科などのクリニックなども入っています。最近ですと、スポーツクラブなども流行ってきました。新しい施設に入るクリニックは新規オープンが多いため、医療機器も最新の場合がほとんどです。歯医者の場合、滅菌機やCT、デジタルレントゲン、マイクロスコープなどの最新モデルが導入されていることがよくあります。

きっと新しい駅ビルに入る歯医者は院内も建物に合わせた、きれいな設計でしょう。治療技術は医療機器の新しさによって決まるものではありませんが、明らかに新しいほうが有利なこともあります。たとえば、インプラント治療の前の画像診断は、昔はレントゲンだけでした。しかし、それでは血管や神経の位置、骨の厚みまでが分からないため、ある程度は歯科医師の経験からくる勘に頼って治療が行われていました。

今では骨の厚みや血管や神経の位置までわかるCTが不可欠となっています。2020年にはさらに新しい医療機器によって、より高度な治療が可能なっているかもしれません。渋谷の駅前開発が終わったら、まずはぜひ歯医者を見つけてみてはどうでしょうか。きっと最新の魅力的な歯科医院が見つかることでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *