Skip to content

心療内科は身体の診療が基本

草食男子、肉食男子、女子力をつけるなどの言葉がテレビや雑誌などで取り上げられますが、そのような小さな枠組みの中で男性や女性が分類できるわけがなく、メディアが作り上げる言葉のイメージで他人から見られることに、ストレスを強く感じる人が多くなっています。

そんなストレス時代に目立つのが、精神的な病気を患う人たちです。気分が落ち込むことがよくある、なかなか寝付けないなどの問題に悩むなら、できるだけ専門の病院で診てもらうようにしましょう。精神的な症状の治療で一般的なイメージとして、心療内科があります。

確かに心療内科に向かうことも間違ってはいませんが、実は内科という言葉がつく科は、身体の症状に対する診療を行うところです。よって、心療内科ではストレスなどが原因で起こる、胃潰瘍といった疾患の治療を得意とするところになります。これは神経内科にしても一緒です。

ここではパーキンソン病といった、脳などの神経に関わる疾患に関わる治療を行います。心の病を治療する場所とは違いますので、注意してください。心の病気を治療するなら、精神科や神経科に頼りましょう。精神科と聞くと、あまりよいイメージを持たない人も多いでしょうが、実際には普通の人が通っている病院ですので、恐れることなく受診してください。

町の中にある診療所へ向かっても構いませんが、心の不調には甲状腺機能低下症などの別の病気が隠されているケースもありますので、できるだけ多くの科がある、大きめの病院を利用しましょう。
渋谷の歯医者ならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *