Skip to content

症状に合わせて内科を選ぼう

外科や耳鼻科で観るような外観的疾患以外のほとんどを診るのが内科です。

一般的には、風邪や腹痛、熱などの症状を診ますが、多くの専門の種類があります。消化器科は、消化器を中心とした診療科です。食べ物の通り道と肝臓、膵臓の部分が対象となります。病名としては、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、肝炎や膵炎、胃がんや大腸がんなど消化器に関係するがんもこの診療科で診ます。

神経内科は脳神経や脊髄の疾患を治療する診療科です。脳卒中やパーキンソン病、認知症などを診ます。めまいやふらつき、意識障害、手のしびれなどがある場合はこの科を受診しましょう。呼吸器科は肺、気管、気管支を主に診療します。気管支ぜんそくや肺気腫、肺結核、肺がんなどを診ます。

アレルギーや心因性による気管支ぜんそくや、肺がんが増えていることから、今後さらに必要となる診療科です。受信者が増えているものとしては、心療内科があげられます。心因性のことが原因となって、身体に症状が現れる人の治療をしています。

ストレスによる自律神経失調症、うつ状態、不眠、消化器の症状が現れた時には、この科を受診するとよいでしょう。精神症状のために精神科を訪れる代わりにこちらを訪れる場合も多く、これからも必要となる診療科です。循環器科は主に心臓と血管を診る診療科です。

心臓疾患や動脈硬化による脳梗塞なども診ます。心臓内科とも虚痛しているところがあります。総合病院などでは、それぞれの専門の診療科がありますが、内科の個人病院では、専門分野を別に書いてありますので、それを参考に自分の症状に合わせて受診しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *