Skip to content

渋谷 小顔矯正

整形外科とは人体の運動に関わることを扱う医学です。

具体的には、骨、神経、関節、筋肉、靭帯や腱、ケガによるこれらの部分の損傷、先天性のこれらの部分の疾患を治療したり研究したりするものです。これらのものは、互いに連携しており、複数の部位が同時に障害を受けたり、障害によって身体のバランス等が変わり、別の部位に障害が出たりすることもあります。

また、運動機能の復活も扱っており、いわゆるリハビリテーション医療というものですが、元の運動ができるように回復したり、とりあえず日常生活に支障のないようにするのも整形外科の範疇に入ります。整形外科では疾患を特定するためにいろいろな検査を行います。X線撮影はもちろんですがCTやMRIも大きな病院ではごく普通にあります。

超音波検査や骨密度検査も普及して、十分な検査で以前とは比べ物にならないほどの細かい部分の疾患も分かるようになっています。整形外科の目的は、できるだけ運動機能を元通りにすることにあります。もちろん痛みを伴う疾患については痛みを取ることも大切です。治療は、大きく分けて、手術的治療と保存的治療とがあります。

手術的治療は、疾患部を切除するものや、接合するもの、痛みをとるもの、関節の人工置換術などです。医療の発達によって手術はより患者の負担が少なくなっています。可能な限り皮膚切開部を少なくして、スコープや顕微鏡下で手術が行われる技術が確立されています。

保存的治療は、手術を行わないもので、電気やマッサージ、温熱などによる理学療法、患部を引っ張る牽引療法、薬を中心に行う薬物療法、原因が生活習慣病の場合に行われる食事療法、装具やテーピング、ギプスなどで患部を固定する療法などがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *