Skip to content

歯科医療も予防歯科の時代へ

歯医者と言うところは虫歯など歯のトラブルが発生したら行く場所であるというイメージを持っている人が少なくありません。

しかしながら永久歯に虫歯などが発生した場合、歯医者の技術を持ってしても本来の歯を蘇らせることはできません。虫歯によってダメになってしまった部分を必要最低限に削り、それ以上悪化することの無い様に補修を行うのが限界であると言えます。人間の歯と言うものは如何に最初の状態を保つかが非常に重要であると言えるのです。その様な考え方から生まれたのが予防歯科という考え方です。

虫歯になってから歯医者のお世話になるのではなく、何事もない状態の内に歯医者で検診を受け、虫歯などの早期発見につなげることで健康な歯を維持しようというのが予防歯科の考え方です。歯科医師による歯の治療は一般的には歯の延命治療です。悪くなった歯の寿命を少しでも長く持たせるための対応を行うことしかできません。そのため悪くならないように早期発見のための予防に力を入れて行こうというのがこの予防歯科の考え方です。

虫歯も早期の自覚症状が無い状態で発見が出来れば非常に少しの研磨で直すことが出来る場合も少なくありません。予防歯科の目指すところは如何に少ない治療で済ませることが出来るようにするかであり、出来るだけ削らない治療を心がけているのが予防歯科の基本的な考え方であるということが出来るでしょう。歯科治療もこれからは早期発見に力を入れて行くことになると考えられています。
渋谷の歯科のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *