Skip to content

小児歯科で行われる治療

小児歯科は、その名の通りこどものための歯科です。

少し前までは、誰でも虫歯ができるのが当たり前で、こどもの頃押さえつけられて削った経験を持つ人も少なくありませんでした。しかし、最近では口の中への意識が高まり、虫歯が1本もないこどもが増えています。それでも、以前と比較してのことなので、こども全員が虫歯がないというわけではありません。乳歯は永久歯よりやわらかいので、虫歯になりやすく、虫歯ができてしまうこどもも当然います。

小児歯科では、できてしまった虫歯を治療して、これ以上虫歯が出来ないようにするための予防を行います。治療もできるだけ無理強いはせずに、歯科医院の雰囲気に慣れてから、自分で診療台に行けるようにするなど工夫をしています。歯科医師もスタッフも、こどもが出来たことを褒めて次につなげるように促してくれます。小児歯科で一般的な治療は、虫歯を削ってプラスチックを詰めたり、銀歯にする治療です。こどもの歯は小さいために、詰め物が取れやすいですが、外れてしまった場合は放置せずに詰め直してもらうことが大切です。

また、予防では、歯を強くするフッ素を塗ったり、虫歯になりやすい歯の溝の部分をあらかじめ埋める処置が行われます。これら予防は効果がありますが、100%虫歯を防ぐことはできません。自宅での毎日の歯磨きはとても重要で、歯の磨き方の指導もしてくれます。こども一人では全てをきれいに磨くことはできないので、小さなうちは仕上げ磨きが必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *