Skip to content

場所を変えても駄目な歯医者

歯医者の中には昔開業をしていた場所で、経営に行き詰まって閉院したところが少なくありません。

これには理由があり、今や開業している歯医者がコンビニエンスストアよりも多い状態と言われています。コンビニエンスストアには毎日行く人がいても、歯医者に毎日通う人とはまずいません。つまり、よほどの実績や評判などがなければ生き残れないのです。そのことを理解せずに場所だけ近隣に変えて、歯医者を再び開業する人がいます。ただし、地域の人は知っていますので、前に開業していたところが凝りもせずに近場でまた開業したなという話にしかならないということです。無論、前の所を知っている人からすれば、よほどのことがない限りはまた行こうという気にはならないでしょう。

こうした歯科医師の中には勘違いをしている人もいて、歯科医師としての腕はそのままで腕を磨くわけでもなく、意味もないままに産業歯科医などの資格に手を出して、歯医者としての腕を磨き忘れてしまったりさらには腕が悪くなった人もいるとよく言われています。歯科医師としてまずは患者の治療をしっかりと出来ることが開業医として求められることですから、そのことを勘違いしているようなところにはまず患者は行かないでしょう。

前にも失敗していると言うことは今後も同様に失敗する可能性が高く、患者から見捨てられる可能性が大いにあると言えます。まずはしっかりと患者の立場に立って治療を行えることや、最新の治療方法などをしっかりと研究していく、そうした前向きなところが成功しているわけです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *