Skip to content

歯医者の通い方について

歯医者はできれば行きたくないところとして認識している人が多いです。

しかし、定期的に行くことで、より歯を健康な状態で長く保つことができます。例えば、歯が痛くなったから歯医者へ行くと、もう虫歯がある程度進んでいる状態での治療になります。削る際には痛みが伴いますし、神経まで虫歯が達してしまうと、治療期間も長くかかってしまいます。

痛みに気づく前なら、虫歯になっていても1回の治療で治すことが可能です。痛みが出る前に受診するというのは、なかなかないかもしれませんが、定期検診を受けるようにすると、痛くなくても歯医者に行くようになります。定期健診では、歯はもちろん、歯茎のチェックも行います。日本人の成人の8割が歯周病になっているというデーターが示す通り、歯を失う原因は虫歯と歯周病がほとんどです。

ですから、歯と歯茎の状態を良くしておけば、健康なお口の状態でいられるのです。歯医者が苦手だからと、何年も行かないでいると、その間に汚れがたまり、虫歯や歯周病はどんどん進行してしまいます。虫歯も歯周病も、一度なってしまうと、自然に治ることはなく悪化していきます。早期発見、早期治療が大切だと言われる一因です。

定期検診は、大人であれば半年に一度の受診が目安になります。特に虫歯になりやすい人や、歯の生え変わる子供は3カ月に一度の受診がおすすめです。悪くなる前に行くことで、病気をすぐに治すことができ、結果的に自分の歯を長持ちさせることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *