Skip to content

歯医者になるためには

今の時代では、医師が人気であり、以前は同じ医療関係で肩を並べていた歯医者がそれほど人気ではなくなってきました。

それも歯科医師自体が過剰になってしまったということも原因の一つに挙げられます。歯医者になるには、大学の歯学部に入って6年間学ぶ必要があります。大学入試の段階で歯学部を選ぶ必要があるのです。国公立の歯学部では難易度が高いのですが、私立についてはレベルもさまざまであり、学費も高額であることから入学できる人も限られてしまうものなのです。

平均的には私立の歯学部では在学6年間で3000万円以上の学費がかかるといわれ、留年をするとさらにお金がかかるのです。そういった教育費を準備する必要があります。また、歯学部では6年間で実に多くの専門科目を勉強していきます。その中には解剖などの実習もあったり、病院で実習をしたりするような機会もあります。

かなり6年間は勉強面でハードな時間を過ごすことになるのです。そして卒業するころに歯科医師の国家試験があるのでそのための勉強も必要になるのです。国家試験に合格できれば、そのまま1年間の研修医としての期間を過ごすことになります。それが終了すると晴れて歯医者として勤めることができるようになるのです。歯医者になっても以前のような高給というわけでないことも多いので、それなりに覚悟をして仕事に臨んでいく必要があることでしょう。歯医者になるということも大変なものなのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *