Skip to content

歯医者のおすすめに安易に従わずによい治療を受ける

歯科における病気の治療や歯の矯正や美容の方法論や技術の開発は著しく、同じ目的であったとしてもいくつもの選択肢が選べるようになってきています。

そのため、患者側はそれを選択できる時代になりました。歯や歯茎などの状態を総合して考えて歯医者からおすすめの方法を提示してもらうことができるものの、その際に他の選択肢がないのかと問うことも自由であり、それによって自分にとってはよりよい選択肢を提示してもらえる可能性があります。概して歯医者は自分の得意とする技術を使って治療を行いたいと考えてしまいがちであることから、それを第一の選択肢として患者におすすめをしてしまう傾向があります。

虫歯治療を例としても、歯を削るか削らないかというところから既に選択肢があり、痛みがないのであれば神経を抜く必要もないことから削ることにメリットがない場合もあります。しかし、ある程度削ってしまった方がおさまりの良い型を作りやすいことから削って詰め物をするということをおすすめする歯医者が多いのです。しかし、そこで歯をできるだけ削らないという選択肢がないのかと問えば、全く削らずに詰め物をすることも事実上は可能なのです。

歯を削ってしまうともとに戻らないことから、できるだけ削ってしまいたくないと考えるのももっともなことであり、そういった選択肢を実際に望む人もいます。簡単に歯医者のおすすめにしたがって治療を受けてしまうのではなく、どういう選択肢があるのかを問うことはよりよい治療を受けるために重要な点なのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *