Skip to content

インフォームドコンセントと歯医者のおすすめする治療

多くの患者は医療に関して完全な素人であり、自分の持っている不快感に対して行われる治療がどんなものであるかわかっていないことが多々あります。

そのため、医者にはその内容を理解してもらって同意を得てから医療行為を実行に移すというインフォームドコンセントが必要とされています。これは歯医者でも必要とされていることです。歯の痛みや歯茎からの出血等を感じて訪れた患者に対し、現在口腔内がどういった状況にあって、どういった対処法のオプションがあり、どれをおすすめするのかということを伝える義務があります。

そして、患者に同意をしてもらうことによってはじめてその治療を行うことができるのです。患者側の立場からすれば納得して治療を受けられるという点で優れているということができる反面、痛み等の苦痛が伴っている場合には一刻も早く治療をして欲しいのに煩わしい手続きであると感じられてしまう場合もあります。そのため、インフォームドコンセントの義務があることをわかっていながら、患者に了承を得ることなく歯医者がおすすめする治療を即座に実行してしまう場合も散見されます。

それが患者にとって大きなメリットとなるという判断のもとに行われており、その判断が誤っていなかった場合には患者からの感謝が得られます。しかし、もし歯医者がおすすめする治療法以外を選択したかった場合には訴訟にも至りうる大きな問題へと発展する場合もあります。インフォームドコンセントの義務はそれほどに重いものであり、形式的であれ同意を得るということは重要視しなければならないのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *