Skip to content

虫歯ができたら必ず歯医者に行こう

虫歯はいくら歯磨きをしていても虫歯の予防にはなりますが、虫歯が治ることはありません。

虫歯は自然に治ることは絶対にないので、虫歯を治すためには必ず歯医者に行かないといけません。

虫歯があるのに治療を行わないでそのままにしていれば虫歯はどんどん進行して大きくなってしまいます。虫歯が進行してくると痛みを感じたり、口臭や頭痛、肩こりといった様々な症状が出てきます。また、虫歯がさらに進んでくると今度は歯だけでなく虫歯の菌は顎の骨に入り込んでしまいます。顎の骨に入り込んだ虫歯を治すためには、普通の治療ではなく顎の骨を削らないといけなくなってしまいます。顎の骨を削って顎の骨に入り込んでしまった虫歯を治すことになるので、顎の変わってしまい、顔が歪んでしまう可能性もあるので、そうならないためにも虫歯は悪化する前にできるだけ早く治療してもらう必要があります。

子供の頃などに歯医者で虫歯治療を受けて痛い思いをしてそれがトラウマとなってしまい、大人になっても虫歯を治すことができないという人もいますが、最近の歯医者では痛みを感じないことがほとんどです。ですので、子供の頃のトラウマも克服できるぐらいに昔の歯医者と比べて痛みを感じることがほとんどなければ、歯医者特有の消毒の匂いも軽減させているとこもあるので、安心して治療を受けることができます。虫歯は放置していればどんどん悪化してしまうので必ず治療して治すようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *