Skip to content

虫歯は歯医者に行かないと完治しない

虫歯ができてしまったら必ず歯医者に行かないといけません。

虫歯は自然に治ることはまずありませんので、治療を行わないければ虫歯の状態はどんどん悪化してしまいます。

虫歯が悪化してしまうと口臭や痛みなどの症状が出てきます。歯が痛み出すので食事をしたくても食事ができなかったり、冷たい飲み物などを口に含んだだけで歯がしみたりする症状も出てきます。歯の痛みをずっと耐えていると歯の痛みは引いてきますが今までずっと歯が痛かったのに急に歯が痛くなくなった場合には、歯の神経が死んでしまった可能性が高くなってきます。

歯の神経が死んでしまうと痛みは感じなくないりますが、歯が脆い状態になってしまいます。ですので、歯にちょっとした衝撃を受けただけでも歯が欠けたりしてしまう恐れもあります。虫歯は放置している期間が長くなればその期間がだけ虫歯もどんどん進行していくことになります。虫歯の進行が進んで本当に虫歯が酷い状態になってくると虫歯の菌は顎の骨にまで達してしまったり、虫歯が原因となって死に至る場合もあるぐらいに虫歯が恐ろしい菌なので虫歯は必ず治療してもらう必要があります。

最近の歯医者では、患者さんが安心して治療を受けられるように痛みを感じない治療を徹底していたり、歯医者特有の食堂の匂いも軽減させていたりと様々な工夫がされています。ですので、今まで感じていた歯医者のイメージも今では大きく変わってきていて安心して治療を受けられます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *